So-net無料ブログ作成
検索選択

ほっと、ほっとです。 [絵日記]





     IMG_4831 (2).jpg



     練馬区ではここでしか買えないとのナチュラルローソンの

     グリーンスムージーです。

     全部買い占めたかったのですが、ここでは好きな方も多いので

     1つ残して3つ買いました。



     ここは何処かというと、股関節の人工関節置き換え手術をした病院です。

     手術から11ヶ月目の診察日でした。

     何の問題もなく経過は良好ということで担当の先生から

     「良かった!良かった!良かったね〜」

     を頂いてホッとしました。

     
     そして、正座はしても大丈夫とのことでしたが

     先生によって意見が分かれているので不安は募ります。

     「正座から立ち上がる時の膝と足首の向きに注意して」と

     言われて更に不安になりました。

     
     正座は一番腰の負担を軽くするので、腰も悪いぼっことしては

     正座をしたいのですが、股関節の脱臼はついてまわることなので

     再入院や再手術も起こりうるのです。

     当面は今まで通りの動きをなぞることに致しましょう。

   
     杖を使わずの歩行にもほとんど不安がなくなりました。

     体重移動もスムーズで、重心もしっかりと歩けるようになりました。

     ただ、まだ一人で電車移動はしないようにと言われました。

     今月は女子校の同期会があるのですが欠席になりそうです。





     病院へ出かける忙しい朝に、飛び切りの嬉しいことがありました。

     ひなたぼっこblogの「にゃんのきもち」で綴っている

     親子にゃんの出来事です。

     よろしかったらご覧くださいませ。

     http://dai-suke.blog.so-net.ne.jp



     IMG_4816 (1)2.jpg





     

天翔サウンド [絵日記]





     何処へ仕舞い込んでしまったのか、探していたCDをやっと見つけました。

     PCには入れてあるのですが、やはり低音を効かせて聴きたいと思っていました。

     それは、天翔サウンドです。



     
     IMG_4748.jpg



     IMG_4745.jpg



     軽井沢ヒーリングルームを開かれている

     ヒーリングアーティストの天翔(あまか)さんが作曲された曲が

     納められた2枚のCDです。

       



     何度聴いてもあたたかな涙がこぼれます。

     体中が解放されてゆくのです。

     不思議なことに、頭の中が隅々までほどけていく行程が感じられて

     開かれてゆく大きな世界と清々しさに包まれます。

     閉め出していたわけでは無いのですが、懐かしい思いが蘇ります。

     ひときは神々しく大輔の姿が現れる曲があります。

     懐かしく、暖かく、幸せに包まれる光景に涙が溢れます。



     大輔には父さんが作った、10年の生涯を綴った15枚のDVDがあります。

     天翔サウンドに刺激を受けて、こちらも見たのですが

     1巻目の子供の頃と15巻目の最後のDVDから動いている姿の

     ビデオ画面を撮ってしまいました。



     IMG_4750.jpg




     IMG_4754.jpg




     IMG_4777.jpg




     IMG_4780.jpg




     
     可笑しいですよね画像も悪いですし

     でも動いている姿は大輔そのものですから……



     ビデオの中に写っている雲の映像もご紹介します。


 
     IMG_4782.jpg



     上の方にわんの姿が見えますでしょうか?

     我が家の1代目のゴン(右)と2代目のタロー(左)なのです。

     もっと深く見ると、左には大きな顔の直ぐその斜め下に

     小さくもうひとつの顔が見えます。

     私には、左下の小さい方がタローに似ています。

     そして左の大きな方の顔は、大輔に見えてしまいます。


     最後のキャンプは、珍しく私たちに向かって吠えてばかりいました。

     父さんに叱られると文句を言っていましたが、不安な気持の現れだった

     のかも知れません。

     それから2ヶ月もしないうちに大輔は突然旅立ちました。

     2人がお迎えの前触れに来たのでしょうか……

     

     
     久しくお会いしていない天翔さんにあらためて

     天翔サウンドの素晴らしさを、心から感謝申し上げたい思いで

     いっぱいです。


       ※ 天翔サウンドはHPで視聴が出来ます。

      http://healing.amakasound.com



     


     ひなたぼっこ「にゃんのきもち」

     http://dai-suke.blog.so-net.ne.jp


     大輔を綴ったHPの写しが、ひなたぼっこにあります。

     「愛しき想い」「また逢える日まで」「いのち」「ぬくもり」と

     ブログとは違い、頁をめくるように読み進んで頂けます。

     よろしければお立ち寄り下さいませ。






     

内藤了「首洗い滝」 [お知らせ]





          内藤了 新刊!


          「首洗い滝」


       よろず建物因縁帳 第2弾!



      6月21日刊行! 講談社タイガ




         大好きなシリーズでワクワクです!

         発売日まで1ヶ月を切りました。

         指折り数えて待ってます!!!


         今のうちに1作目の「鬼の蔵」をお薦めします。



          

お庭の花達つづき [絵日記]



     お庭を見回して、ひっそりと健気に

     今年も頑張っている花達をご紹介しましょう。



     まずは、匂い花


    
     IMG_4706.jpg




     こちらは、ビデンス ゴールデンエンパイア

     風で揺れてボケました。



     IMG_4703.jpg





     こちらは、アルプカスピラルリ(アルプカナンジャコレ)

     相変わらず、臭いと孫に言われてしまう匂いです。



     IMG_4622.jpg




     そして、この気の毒な姿になってしまった アカンサスモリス



     IMG_4698.jpg



     あまりのはびこり方に植え替えを試みて失敗しました。

     一抱えもある株は掘り起こせず、ぶった切り?状態で

     たったひとつ何とか植えかえが出来た花が哀しい添え木姿で

     開花を始めました。

     命を繋ぐ為に頑張っているこの子は、とってもとっても偉い子です!




     
     この所の暑さに夏物のアイロンかけをまとめてしました。

     コットンと麻の服が多い時期なので、アイロンかけが必須です。

     おっとっとの麻シャツ長袖半袖合わせて5枚と

     ぼっこのスカートを7枚



    
     IMG_4694.jpg




     IMG_4685.jpg




     何と言ってもタックのスカートやティヤードスカートは

     時間が掛かります。

     その他にも、チュニックも5点ばかり



     IMG_4690.jpg




     ぼっこの夏物の外出着は90%が自作の物なので

     洗濯後はすべてアイロンがけが日課となります。

     労を惜しまなければとても安上がりです。


     着なくなった服は、孫娘の服に作り替えたり

     お揃いのスカートを作ったりととても楽しいのです。

     ただ、指の関節の状況で何時まで作れるのやらと

     気に掛かる日々となりました。


     

     
     
     にゃんのきもち
     
     http://dai-suke.blog.so-net.ne.jp









長い間ありがとう! [絵日記]






     股関節痛に悩まされていたここ数年、お庭へは目が行き届かないこともあって

     ダメにしてしまった植物は幾つかありました。

     


     IMG_0017.jpg




     美しいアーチを作っていた甘く優しい香りのする

     つるバラを諦める時がやって来ました。

     カビ病に悩まされ薬を掛けながら様子を見ていましたが

     今年は全体を覆い尽くすような病状になったために

     蕾を持ったまま切り落としました。

     根元から切り倒すつもりでいましたが




     IMG_4616.jpg




     IMG_4624.jpg




     太いバラの枝に絡みついて花を咲かせている2種のクレマチスのために

     太い枝を残して花の終わりまで付き合ってもらうことにしました。

     10数年、毎年たくさんの花を咲かせて楽しませてくれました。

     孫娘は2歳の頃にバラの花びらを籠いっぱいに積んで

     バラ風呂を楽しんだことを思って、とても残念がっていました。

     丈夫なつるバラのはずでしたが目を掛け手をかけなければ

     咲き続けさせてあげることは出来ませんね。


     バラさん、病気で辛い思いをさせました。

     長い間ありがとう! お疲れ様でした。

     


 

     紫陽花の一番乗りは、八重のお柏葉紫陽花の花です。




     IMG_4627.jpg




     親株もたくさん花をつけています。



     頑張っていた子株も




     IMG_4506.jpg




     IMG_4629.jpg




     親株よりも先に両の手のひらで抱えるくらいの見事な大輪を咲かせています。

     お花が重たくて頭を垂れて枝をしならせてしまうのですが

     麻ひもで引きながら何とか美しく咲いて欲しいと

     様子を見るのが毎日のお仕事です。


     梅雨も近づい紫陽花の季節となります。

     今年はそれぞれの紫陽花が、どんな表情を見せてくれるのか

     楽しい時期にもなります。

     ぼっこにとって梅雨は鬱陶しくもなく、待ちに待った雨季なのです。
     
     傘をさして長靴を履いて、紫陽花を見て回るお散歩も楽しみです。

     
     



     「にゃんのきもち」夏向きハウス珍百景?を連載中!

     http://dai-suke.blog.so-net.ne.jp








きょうのお散歩 [絵日記]




     3日ばかりしっかり歩いていない事に気付いて4時過ぎになって

     「歩こう!」と思い立ち、何とか5200歩ほど歩いてきました。


     4時というのに、どんよりした曇が空を暗く覆っています。

     どのコースを歩こうか決めていないまま家を出ましたので

     歩きながら、ふとスイレンの花を思い出して三宝寺池を目指しました。



     IMG_4599.jpg



     早朝に出かけると開いた花が水面を埋め尽くす姿も間近のようでした。




     IMG_4603.jpg



     公園の中は鬱蒼として街灯が付き始めていて

     大輔が一緒ならば怖がることもないのですが

     一人では踏み込めず入り口付近を巡りました。


     帰りもなるべく明るい場所を選んで



     IMG_4608.jpg



     5時には閉まって見学者のいない移築した茅葺の家の前を通り

     キャベツ畑の間を抜けて明るい道をたどって、川へと向かいました。

     短い距離でしたが遊歩道も歩きました。




     IMG_4611.jpg



     
     IMG_4610.jpg



     鴨さんは番でもなく群れでもなく、離れたところで

     それぞれに一羽だけでした。

     川の工事が始まってから水鳥の姿が減ってしまって

     更に川の中の土を平らに均した頃には、かなりの距離を歩いても

     数羽ほどしか見かけなくなりました。

     まだ上の方では工事が行われています。暫くは続きそうです。

     いつになれば鳥たちは帰ってきてくれるのでしょう。

     

     

     にゃんのきもち

     http://dai-suke.blog.so-net.ne.jp








土曜日の出来事 [絵日記]






     IMG_4572.jpg



     イケヤの子供用の机と椅子の組み立てが完了しました。

     とても軽くて楽に移動が出来るのが嬉しいです。

     
     テーブルの天板と椅子の座面の板が少々薄いので

     登らないように要注意ですが、それを言ってしまうと

     K君はわざと試すタイプなので、登りそうになったときに

     その都度注意することにしました。





     IMG_4574.jpg




     椅子は枠組みの方が座面より高いため、座ったときに腿の後ろ側が痛のではと

     座布団を作ってみました。

     こんな時に端切れと残り物の綿が役に立ちました。

     捨てずにとっておいて正解でした。


     おねえちゃまは椅子の高さと机の高さがちょうど良かったのですが

     K君は足が届かず座るときに座布団が動くと言って

     癇癪を起こしましたので、もう2カ所ひもを付けて動かないように

     改良することにしました。



     そしてこの日は土曜日です。

     おねえちゃまがお泊まりしたいということで

     「K君もお泊まりする」と言い出して

     じぃ〜じとばぁ〜ばは、にわかに大忙しとなりました。


     
     
     IMG_4544.jpg





     IMG_4540 (1).jpg



  
     ばぁ〜ばがお食事の支度をしている間はじぃ〜じがお相手です。

     最近のおねえちゃまはじぃ〜じの体を使って

     アクロバットのような事を延々とするのです。

     そして必ずK君もまねをしますので

     じぃ〜じは怪我をさせては行けないと頑張るので

     かなりお疲れのご様子です。


     お風呂もじぃ〜じの人気が高く、遊びながらの時間の掛かる入浴で

     小さなお手々はふやけてしまいます。

     それでも笑い声が響いてとっても楽しそうなお風呂です。



     IMG_4531.jpg



     K君は遊び疲れて夕方になってから眠ってしまいました。

 
     夕ご飯も食べてお風呂にも入って、寝る時間になると

     K君だけは全く眠ってくれません。

     おねえちゃまは、じぃ〜じとばぁ〜ばの真ん中で寝たいと言って

     9時過ぎには眠ってしまいました。


     そして、粘って粘ってしぶとく起きていたK君は

     かあちゃまと寝たいと言い出して「お家へ帰る!」を連発です。

     まぁ〜想定内のことでして、こちらはやれやれでしたが

     とうちゃまとかあちゃまはお出かけしていてお迎えが遅れたのです。

     K君にとっては面白くなかったようで、低音で凄味をきかせた文句を

     言い続けていました。

     それも面白くてじぃ〜じとばぁ〜ばはk君に聞こえないように
  
     クスクス笑ってしまいました。
    
     そしてK君は、かあちゃまのお迎えにニコニコして帰って行きました。


     おねえちゃまの寝起きが心配でしたが「じぃ〜じ、ばぁ〜ば起きて」と

     笑顔で声を掛けて起こしてくれました。

     初めてのお泊まりは大成功でした。


     じぃ〜じとばぁ〜ばを信頼してくれたことに改めて安堵と

     喜びを感じた楽しいお泊まりでした。

     
     

     
     
     
     にゃんのきもち

     http://dai-suke.blog.so-net.ne.jp







大切な日々…… [絵日記]






     IMG_4524 (1).jpg



     右手がこんなんなりました。

     指の関節の痛みが増して、固定すると良いとの先生のご指示に従って

     テーピングをしたのですが、はがすときが痛いので

     湿布薬の上から柔らかいテープを巻いて家事をしています。

     しかしこれが水に濡れるとどうにもならず、薄いゴム手袋

     何とか凌いでいます。
   
     人差し指を庇えば中指が痛み二本を庇えば薬指が痛み

     そして小指や親指までと、いった具合ですがいよいよ左手にも

     痛むところが出てきて参ってしまいます。


     これも股関節や腰の関節同様に以前のステロイド剤の影響が大きいと

     言われていますが、元々関節が弱い体質であったのかも知れず

     これから先どう進行していくのか分かるような分からないような

     複雑な思いではありますが、自分の最後は神様任せでは無く

     自分の意思で決められる世の中になって欲しいと願っています。



     歳をとると物忘れが酷くなって、それでも過去のことは良く覚えているとか

     ぼっこも70歳まであと1年と数ヶ月となりご多分に漏れず記憶力が……

     でございますが、昔のこともサッパリなのです。

     忘れっぽいおっとっとが覚えていることが、うろ覚えのことが多く

     「まったく記憶にございません!」にはその欠落度に

     我ながらただただ唖然とするばかりです。

     
     20年位前の頃に原因が分からず病名も定かに付けられない

     頭の中の病にかかってからなのか、その時の副作用の大きな薬を

     数年続けたせいなのかは分かりませんが以前と比べると

     頭の何処かに覚える事への拒否反応が起こるように感じています。

     覚えなければと思うと、覚えたくない感情が湧いてくる変な感覚です。

     病によって起こる発作は無くなって久しいのですが治ったとも言えず

     分からない何かが作用しているのかも知れません。

     
     何にしても、知り得ないことが人の体の中に起こります。

     先生方も分からないことは沢山あると言われるように

     解明できない事は多いのです。

     家族の中に辛い思いをされている方がおありであれば

     真摯に向き合って、理解をしてあげて頂きたいと思います。

     「またいつものわがまま」だとか「気のせい、気にしすぎ」などと

     決めつけて欲しくないのです。


     ぼっこの場合は、優秀な内科医の診療所へ勤めていた事と

     先生がお亡くなりになるまで、長い間主治医として診続けて頂いた歳月が

     ぼっこの感覚を研ぎ澄ませて自分で異変に気づく事ができました。

     そして、そんなぼっこを真摯に受け止めてくれる家族がいたからです。

     そんな家族のためにも煩わせるような生き方にならないようにと

     いつも願っています。

     
     



     EF0S1229.jpg



     同い年の友人の訃報が届きました。

     昨年引っ越されてからはFacebookでのお付き合いでしたが

     その日の2〜3日前にぼっこの写真に「いいね」をして下さっていましたし

     知人との仕事のやりとりもしていたと聞きました。

     病の治療も受けていて、お好きなお酒も控えているとも

     ご本人から聞いていましたので案じていました。


     奥様とは、奥様の運転でぼっこを温泉旅行に連れていって頂いたり

     家族みんなで戸隠にキャンへ出かけたりと楽しい友人ご夫婦でした。

     4年近く前に奥様が先立たれて悲しい思いをされていましたが

     妹さんの近くへ越されて安堵していました。


     早すぎたとしか思えず整理のつかない感情が渦巻いています。

     残念と考えるべきか、愛する奥様の元へ逝かれて良かったと考えるべきか

     複雑ですが、病で辛い思いを強いられていたとすれば

     寝付くことも無く逝かれたことに、友人を思えば良かったと

     思う気持ちも湧いています。


     Facebookのその先にいつも笑顔の姿が見えていました。

     「いいね」は頂けなくとも、共に過ごした日々は

     変わらずにあるということに励まされます。

     それぞれに思う思いに多少違いはあるでしょうが

     大切な友であったことは皆の心に、これからも変わることはありません。


     改めて生きていくことの意味を感じています。

     自分の人生を大切に生きなければ周りの人々を不幸にしてしまうことも

     そして自分自身をも不幸にしてしまうこともあります。

     それぞれに最後は来ます。しかしどの様な最後かは計り知れません。

     「良かったね」と思ってもらえる最後を迎えられることを

     我が身に切に望んでいます。

     

     
     
     

     

紫外線が怖い…… [絵日記]






     今日の日差しはあまりにも強く、お庭の手入れもほどほどに

     花達の姿を撮りました。



     蔦と寄せ植えにしていたスミレが咲いています。



     _U6Z9453.jpg 


     
     控えめな姿に上品な美しさと、優しさをたたえて

     今年も咲いてくれました。




     パンジーはそろそろお疲れのようですが

     ビオラはまだまだ元気です。



     _U6Z9593.jpg    



     可愛いお顔が印象的な小花たちです。





     暖かな2階の部屋で冬を越した花達は

     お庭に出てもとても元気で咲き続けています。



     IMG_4459.jpg




     IMG_4513.jpg




     IMG_4464.jpg




     IMG_4463.jpg




     みんなに癒やされて、穏やかな日々を過ごせることに

     体調不良を持てあましていても、元気を頂けて

     ささやかではありますが幸せまでも味わうことが出来ています。

     そんな楽しいお庭にも、紫外線アレルギーのお陰で

     長居が出来ないことがとっても残念です。




     なんじゃもんじゃさんは



     IMG_4465.jpg



     散るばかりですが、いまだに良い薫りを漂わせてくれて

     まだまだ余韻にしたっています。

     


     

     
     「にゃんのきもち」夏向きのハウス作りを綴っています。

     http://dai-suke.blog.so-net.ne.jp






「信じられない!」 [絵日記]







     この可愛子ちゃんは誰でしょう?


     ドレスを着て遊びに来てくれました。



     IMG_4284.jpg



     ドレスを着てもプラレールがお好きなご様子です。



     IMG_4286.jpg

                            





     かあちゃまがフリマで買ってくれました。

     2着セットだったそうです。




     IMG_4314.jpg
                   (かあちゃまから写真を借りました)




     大きいドレスはおねえちゃまがお召しになりましたが

     小さいドレスは、K君が着てしまいました。

     なんとも嬉しそうに満面の笑みです。



     じぃ〜じとコンビニまでおやつを買いに行くことになって

     一旦は着替えましたが、お家へ帰るときには

     またドレスに着替えると言いだして、嬉しそうに着替えました。

     
     夕方は涼しので、K君にレースのカーディガンを着せようとしたところ

     「信じられない!」「信じられない!」を連発して

     カーディガンを着ないと大暴れです。

     ドレスの上には何も着たくなかった様ですが

     大騒ぎをしながらも何とか着て頂いて一件落着いたしました。

     お迎えに来たとうちゃまは、ドレスを着た二人の娘?と

     手をつないで賑やかに帰って行きました。



     K君の「信じられない」の口癖?は暫く前からなのです。

     的確に使う所を理解していて笑わされていました。

     誰が言ったのかしらと家族に問うと、全員族一致で「ばぁ〜ば!」でした。

     まったく自覚は無いのです。

     おっとっとが余りにも信じられない事ばかりするので

     ぼっこの口癖になってしまった様です。


     2歳の孫の頭にインプットされるほど、おっとっとに文句?を言った

     覚えはないのですが、やっぱり口癖なのでしょうね。

     常日頃から言動には気をつけましょうと、じぃ〜じと話し合っていましたが

     いい加減であったことに大反省です。

     笑っている場合ではありません!

     



    
EF0S0270.jpg b-153.jpg sttrack.jpg